暗号資産.com

暗号資産【仮想通貨】に関して初心者にも解りやすく解説しているブログ

二段階認証アプリ「Google Authenticator」の使い方

 

f:id:anngousisann:20190611231554p:plain

2階認証アプリである「Google Authenticator」の使い方について初心者でもわかりやすいように解説していこうと思います。仮想通貨を始めたばかりの初心者さんなどはぜひ参考にしてみて下さいね。

先ずはアプリをダウンロードします

Google Authenticator

Google Authenticator

  • Google LLC
  • ユーティリティ
  • 無料


Google Authenticatorの使い方

Google二段階認証アプリ“Authenticator”はどこの仮想通貨取引所でも使い方はほぼ同じなので、今回は国内最大級の仮想通貨取引所であるbitFlyer(ビットフライヤー)を例にして使い方を解説していこうと思います。

二段階認証設定画面へ

f:id:anngousisann:20190611232347p:plain

まずは、bitFlyer(ビットフライヤー)の設定の欄から二段階認証設定へ。
そうするとQRコードが出てくるので、出てきたQRコードをGoogle二段階認証アプリで、読み込みます。

二段階認証アプリの操作方法

f:id:anngousisann:20190611232509p:plain

 

まず、右上の+マークをクリックします。

f:id:anngousisann:20190611232622p:plain

そうするとこのように「バーコードをスキャン」というのが出てくるので、クリックしてQRコードをスキャンしましょう。

f:id:anngousisann:20190611232708p:plain

QRコードをスキャンすると上記画像のように30秒ごとに変わる6桁の認証コードが表示されるので二段階認証設定画面に表示されたコードを入力しましょう。

Google認証アプリの使い方手順

❶取引所で二段階認証設定画面へ
❷二段階認証アプリを開く
❸右上の+マークをタップ
❹バーコードをスキャンをタップ
❺表示されたコードを入力

二段階認証の注意点

機種変更時
二段階認証アプリを使用する際の注意点の1つ目が”機種変更時”です。
スマホが古くなったら新しいスマホに買い替えますよね?
このGoogleの二段階認証アプリはバックアップが取れません
なので買い替える前に、二段階認証設定を一度解除する必要があります。
解除した後、新しいスマホに再度二段階認証アプリをインストールして二段階認証の再設定をします。
これをやらないと新しいスマホでログインする事ができません
仮想通貨取引所に連絡をして本人確認を取れば二段階認証を解除することはできますが、色々と面倒なのでこの方法はあまりオススメしません。
海外取引所だと基本的に英語での対応なので、もっとめんどくさいです。
スマホの機種変更を考えている人は頭に入れておいてくださいね!

端末紛失時
2つ目の注意点はスマホを無くした時と壊してしまった時です。
これは結構厄介で無くした時や壊れてしまった時はログインできません。
そうなった場合は、しょうがないので仮想通貨取引所のお問い合わせから本人確認を行い、二段階認証を解除して貰うようにしましょう。

二段階認証のバックアップ方法

複数のスマホでQRコードを読み込む

f:id:anngousisann:20190611233412j:plain

二段階認証設定をする際のQRコードを複数の端末で読み込む方法です。
スマホを2台以上所有している人にとってはとても簡単なのでオススメです。
QRコードの読み取りは1端末だけではなく、複数の読み込みが可能です。
なので、片方のスマホを紛失してしまったとしても、もう片方のスマホがあればログインする事が可能になるという事ですね!

最近では、安いスマホだと月額2000~3000円のもあるので大きな資産を管理している人などはバックアップ用に購入するのもアリかもしれませんね。

QRコードとキーを保存する

この方法は基本的に誰でもできる方法になります。
二段階認証設定の時に出てくるQRコードとキーをスクリーンショットしておき、データとして残しておきましょう。
そのデータを紙(アナログ)で持っておき、誰にも見られない所に大事に保管しておきましょう。
仮想通貨取引所によっては、二段階認証する際にバックアップキーの発行をしている取引所もあるので保存できる取引所では保存しておきましょうね。

二段階認証の重要性

二段階認証設定をすると、ログイン時にIDとパスワード以外に6桁の認証コードを入力しないといけないので、正直めんどくさいですよね…
ですが、二段階認証設定は不正アクセスを防ぐ為には欠かせないセキュリティ対策です。
今のところまだ、二段階認証設定を「設定する/設定しない」の選択はユーザー側に任せているサービスがほとんどですよね。
要するに、設定するかどうかは自分で決められるという事です。
僕は絶対に設定しておくことをオススメします。
特に、仮想通貨取引所などでは自分の資産を管理するという事になるので、二段階認証設定は”必須”とも言っていいと思います。

自分で資産を管理するわけですから、ハッキングや不正アクセスなどのリスクをできるだけ低くしましょうね。

まとめ

今回は、二段階認証アプリ「Google Authenticator」の使い方・注意点について解説しました。
仮想通貨取引所では、二段階認証設定は”必須項目”なのでしっかりと設定しておくことをオススメします。
二段階認証を設定した後も、バックアップキーなどを控えておくことを忘れないようにしましょう。
スマホを盗まれたり、壊したりなど二段階認証には色々なリスクがあるので、大事な資産を守る為にもそういった面のリスク管理もしっかりと行っていきましょうね!

為になったと思って頂けたら⇩のアイコンからツイートやイイねをお願いします^^